「Bing」のAIチャット、「Chrome」などのブラウザーでまもなく利用可能になるようです。

「Bing」のAIチャット、「Chrome」などのブラウザーでまもなく利用可能に(CNET Japan) - Yahoo!ニュース

Microsoftは、人工知能(AI)を活用した新しい「Bing」をサードパーティーのブラウザーで利用可能にすると発表しました。これにより、Appleの「Safari」やGoogleの「Chrome」などのウェブ版とモバイル版でBingのAIが利用できるようになります。新しいBingは2月に公開されて以来、10億件以上のチャットと7億5000万件以上の画像が生成されました。5月上旬には、Microsoftアカウントを持つすべての人に開放され、中旬にはアカウントがなくても利用できるようになりましたが、利用範囲は「Edge」ブラウザーとBingアプリに限られていました。さらに、Microsoftは「iOS」と「Android」向けにAIチャットウィジェットを公開し、BingとEdgeに商品のレビュー要約機能やプライスマッチ機能などのショッピング用AIツールを追加しました。

今後の課題

MicrosoftのBingのAIチャットボットの拡充は、人々のコミュニケーションとショッピング体験を向上させる重要なステップです。今後の課題としては、さらなるブラウザーとデバイスへの対応、ユーザー体験の最適化、プライバシーとセキュリティの強化などが挙げられます。この動きは、AIとウェブブラウジングの統合が今後のテクノロジートレンドとして注目されることを示しています。

※この記事はChatGPT-4にて要約しています